採用情報/先輩紹介

更生慈仁会は、20代の若者達が元気いっぱいにご利用者のお世話をしている楽しい職場です。

先輩インタビュー

  • 十字園 支援員 丸山 卓朗 2014年入職
  • はまゆう 介護員 桐山 紗稀 2014年入職
  • にいつ愛慈こども園 保育教諭 髙橋 弥鈴 2018年入職
こどもの成長を実感! 愛慈こども園 保育教諭 渡部 真愛 2017年入職

仕事内容

子どもの食事や衣服の着脱など身の回りの活動を援助しています。また、子どもたちが楽しさを感じながら発達、成長できるように一緒におもちゃ遊びをしたり、製作の活動を先輩たちと考えるなど工夫して行っています。子どもたちと一緒に成長していける仕事だと感じています。

仕事のやりがい・目標

子どもたちの成長を間近で見られることがやりがいですね。伝え方や援助の仕方に悩むこともありますが、その分子どもたちの成長が見られた時の喜びは大きいです。今後の目標は、子どもの気持ちを考え、寄り添いながら保育を行う保育教諭になることです。日々子どもと関わる中で悩むこともありますが、考え、様々な援助をやってみながら、子どもたちと一緒に成長していきたいです。

学生へのメッセージ

保育士は大変なこともありますが、子どもたちのパワーや笑顔から元気をもらえる仕事です。また、子どもの成長を間近で見ることができ、やりがいや喜びを感じます。心強い先輩達がたくさんいらっしゃるので、働きやすい職場ですよ。

1日の流れ

8:30 出勤。子どもの自由遊びの様子を見守りながら連絡帳を読み、子どもの健康状態や家庭での様子を把握する。
9:00 午前のおやつの準備をし、食べる様子を見守る。トイレでの排泄やおむつ交換の援助も。
9:30 朝の会。季節の歌や朝の歌を歌い、今日は何をして過ごすかを伝える
10:00 制作や運動遊びなど子どもの様子に合わせた活動を行う。夏はプール・水遊びをし、冬は雪遊びを行う。天気のいい日は散歩へ行く
10:45 おむつ交換。子どもの自由遊びの様子を見守りながら一緒に遊ぶ。給食の準備
11:15 子どもと一緒に手洗いして給食を食べる。様子を見守りながら、必要に応じて援助をする。
12:00 自由遊びの様子を見守りながら午睡の準備をする。
12:30 子どもと一緒に手遊びをしたり、絵本の読み聞かせをしてから「おやすみなさい」のあいさつをして子どもを寝かせる
14:45 子どもを午睡から起こし、おむつ交換。午後のおやつの準備を行い、おやつを食べる様子を見守りながら援助する
16:15 延長保育担当の職員に引継ぎ。事務仕事
17:15 退勤